勤務時間が長くてハードな看護師は転職を考える人が多い?

| コメント(0) | トラックバック(0)
高校に進むときに進学先が衛生看護科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で看護師になれるでしょう。
看護師の仕事において転職を考えているのであれば、転職後になるべく早く慣れて、そしてじっくりと自分の技術を高めていきたいと思っている方も少なくないですよね。
ただ、途中で進路変更を考えても変えることは難しいです。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、準備期間が足りないために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師の仕事において転職を考えているのであれば、転職後になるべく早く慣れて、確実にスキルアップしたり給料UPできたらって思いますよね?看護師になるとすると、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」という強い気持ちが必要だと考えられます。
専門職だから、会社員などよりも収入はよく、勤務先にも困らないでしょう。
看護師の仕事において転職を考えているのであれば、転職後になるべく早く慣れて、確実にスキルアップしたり給料UPできたらって思いますよね?けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。
勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。
勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。
補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。

http://www.kangoshi-tensyoku-matome.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.larrysinclair0926.com/mmtos/mt-tb.cgi/114

コメントする