違約金が発生することもあるネット回線契約の落とし穴とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
ネット契約は全体的に低価格化も進んでおり、回線の種類によっては最低限、住所と銀行口座があれば誰でも交わすことのできる契約でなので、気軽にインターネットを始めることができるのですが、一方で、安くなった理由のひとつが年間契約の採用なので、もしも1年や2年契約を交わしていたのに途中で解約をすると、残りの契約によって違約金が発生します。
月毎の契約更新の場合はそのような問題は起きないのですが、低料金にする代わりに年契約にしているので、仕方のないことです。
違約金の支払いを避けるには、契約満了まで待ちましょう。
契約満了後は、満了してから1ヵ月以内に解約するようにしないと、契約更新してしまうので、注意が必要です。
ネット回線工事って?プロバイダー開通工事を解説【工事費用・時間は?】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.larrysinclair0926.com/mmtos/mt-tb.cgi/85

コメントする