フラット35金利はどれくらい?

| コメント(0) | トラックバック(0)
フラット35の融資を受ける場合は、購入する住宅や物件も検査を受ける必要があります。
一戸建ての住宅の場合は、検査機関に検査の申し込みをして最初から検査を受けなければなりません。
特に新築の場合は、設計段階、建設途中、竣工の3段階で検査を受けることになります。
これに対して、マンションのような集合住宅の場合は、建物全体の検査などを受けて合格しておけば、個々の入居時に行う検査を簡略化することができます。
このように、事業主があらかじめ「フラット35」の適合基準を取得することを予定して、マンション全体の検査を受けて住宅金融機構に登録してあるマンションを「フラット35登録マンション」と言います。
登録マンションはフラット35のホームページで検索することができます。
フラット35の金利が最低水準の今こそが、狙い目と言えるでしょう。
フラット35Sの審査基準は?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.larrysinclair0926.com/mmtos/mt-tb.cgi/76

コメントする